rites of passage

bio musik bok

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Populärmusik från Vittula

51SHSWH1P1L__SL500_AA300_.jpgこれまたこの邦題はどうしたものだろうか?

森と湖、美しい自然に囲まれた美しい国スウェーデン。
その北の果てで、僕らはビートルズの音楽に出会った。
甘酸っぱくでちょっぴりほろ苦い、僕らの青春時代・・・・。

なんてことを期待しながら読むと痛い目にあいますぜ 。
事実あたしは、夏休みのアルバイト「ねずみの尻尾」のくだりでは吐く寸前でした。
早くその章を終えたくて猛スピードで読み進んでも、まぁえげつないものがいっぱい追いかけてくるんですわ。
あまりにも痛々しくて、あまりにもバカバカしくて、呆気にとられてやがて胸が熱くなる。
北の国で生きるというのは、こういうことなんだろうな 。
殴り合いの連鎖反応。倒れるまで飲む密造酒。意識が遠退くまで我慢するサウナ。芸術肌の目立つやつはボコボコにされる公認のいじめ。
二ヶ月間登らない太陽。
二ヶ月間沈まない太陽。

生ぬるい南のスウェーデンで、気候の良い時期に、たか
だか一週間暮らしただけで、この国を垣間見た気になったあたしをせせら笑え
スウェーデンの人口は約900万人。その中で生粋のスウェーデン人って何人いるのだろう?
北の果てトーネダーレン、パヤラ村でさえ、さまざまな人種、言語、宗教、派閥が交差している。
そんな中で自分を見失わずに生きていくには、独自のルールや掟が必要だったのだろう。
その不条理で滑稽なルールは、ツンドラの厳しい土壌に溶け込んで、摩訶不思議な生き物を創りだす。
登場する人々がみんな妖怪に思えてくる、まさにムーミン谷ですな。

ん?そういえば、Costeって何人なんだろう?

ところで、スウェーデン人ってCの発音苦手なの?
「ビートルズ」ぼくは書かれている文字をゆっくり読んだ。
「ロスクンロール・ミュージッス」

しばらく笑った。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/07(日) 23:33:30|
  2. bok
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Låt den rätte komma in | ホーム | Den ärliga bedragaren >>

コメント

はじめまして。
Costeさんはスペイン系だと昔の「マーキー」誌で読みましたが、ほんまかいなと思います。
私の知ってるスウェーデン人は、chの発音が苦手な人が多かったですよ。
childを「シャイルド」、changeを「シェンジ」って言ってました。
  1. 2011/08/08(月) 23:57:09 |
  2. URL |
  3. えぴたぷ #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

はじめまして~(でしょか?)
>Costeはスペイン系
あたしもどこかでそんな感じのこと書かれてるの見たなぁ
でも違うと思う
ファンファーレチョカリーアの話をしたとき、じいさんの故郷とか言ってたから
ルーマニア人?
んでもオーストリアに親戚がたくさんいるらしいし・・・
本人に聞いてみよう(いまさらかよっ)
  1. 2011/08/16(火) 00:00:29 |
  2. URL |
  3. けいと #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kate4jh.blog.fc2.com/tb.php/7-29157602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。