rites of passage

bio musik bok

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

What's Eating Gilbert Grape

gilbert.jpgジョ、ジョニー・ディップ?レオナルド・ディカプリオ?
冗談にもほどがあります、コテコテのアメリカ俳優じゃないですか!しかも知名度高すぎ!
スウェーデンオンリーって言ったじゃないですか!
民主党ですか、あーた!
いやいやいやいや、ここだけの話、これスウェーデン映画ですよ。
知りませんでした?
役名も上からモニカ、ステファン、ラッセつぅ、典型的なスェ名ですし。
あ、こら!ググるのやめなさい!


まぁもちろん、スウェーデン映画てのはウソですが、
スウェーデン映画好きが観て楽しめる映画と言っていいでしょう。
あたしは冒頭の音楽を聴いただけで、スクリーンの色ががらりと変わりました。
あああ、何だ?この懐かしい感じはいったい何なんだ?
誰の音楽なんだろう?



クレジットを調べてみる・・・・・
え?アラン・パーカー?あ、もひとりいる・・・ビョルン・・・イスファ・・
ビョルン・イスファルト
謎がとけたぞ。
40年以上、あたしの中に宿り続けるスウェーデンの原点「純愛日記」でデビューを飾った音楽家、ビョルン・イスファルトの調べなのでありました。
彼を起用するだけあって、監督は同じくスウェーデン人のラッセ・ハルストレム(もう今やハリウッドが拠点ですけどね)
ジョニー・ディップもレオナルド・ディカプリオもビッグネームすぎちゃって、代表作もどれあげていいかわからないくらいいっぱいあるけど、彼らの凄まじいほどの演技力を語るのに、この作品ははずせないでしょう。
なにせ、どこから見てもスウェーデン人になりきってたしね(まだゆう)

死んだ母親を囲む四人の子供達のアングルの変化。
母親の棺と化し燃え盛る家・・・
これも何かとデジャプるぞ、タルコフスキーの遺作「サクリファイス」へのオマージュか?
撮影監督はスヴェン・ニクヴィスト・・・・・
紛れもなく、正真正銘、「サクリファイス」を撮影したその人でした。
これもまた納得です。

素晴らしい映画音楽を作り続けたビョルン・イスファルト。
もう過去の作品でしか、彼の音楽に出会えないと思うと、
よりいっそうメランコリックに響いてしまうのです・・・・

え?映画の内容?TSUTAYAさんで借りてよ(←おきまり)
スポンサーサイト
  1. 2012/06/05(火) 01:05:33|
  2. bio
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。