rites of passage

bio musik bok

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Max on wax

max.jpgドラゴンイヤーに「ドラゴンタトゥーの女」のヒット。
そしてCosteはドラゴン生まれで今年還暦ぃ♪
となると、必然的に紹介するのはこのアルバムしかないっすね。
Max Åhmanの「Max on wax」であります。

な、なによ・・・なんか問題でも?
え?ドラゴンはどうしたって?
えーと、えーと・・・・Dragon Recordsからのリリースということで・・・

世にはtwitterという便利なツールがございまして、
Max宅に滞在中、MaxはMax on waxというソロアルバムを出してるよんとツィートしてくださった方がおられましてですね、
Costeに、掃除好きのMaxにピッタリのタイトルねと言ったら
waxの意味をトクトクと説明されました。
「ジョ、ジョークだよぅ」とウソつきましたが間違いなく見破られておりますな。
で、帰国後、実際にこのアルバムを聴かせていただきました。
これ傑作ですよ!
Maxらしい繊細なプレイと情熱的なドラムとパーカッションの絡みが絶妙で、
もう何やってんの、こんな名盤をCD化せずに埋もらせているなんて、もったいない話ですわ。
参加ミュージシャンだけ、ちこっと紹介しときますね
Max Åhman/guitar and percussion
Eric Forsmark/percussion
Andreas Aarflot/keyboards
Mats Lindberg/bass
Christer Sjostrom/drums
Staffan Odenhall/tenor saxophone
Lars Lindgren/trumpet
Per-Ola Claesson/cello
Lars Åhman(Maxのパパです~)/clarinet

「ねぇねぇMax,スウェーデンの本、映画、音楽を題材にエッセイを書くブログはじめたのよ、今度のネタはMax on wax」
「えええ!あのアルバム日本で探せたの?驚きだなぁ」
「あ、いや、あの、その、持ってる人がプレゼントしてくれたのね、すごくいいアルバムね」
「あれはねぇ、僕は今でも気に入ってるアルバムなんだ。レコーディングも本当に楽しかった」

CosteにしてもMaxにしても
こんな才能のある人たちと触れ合えていれること。
あたしの人生、けっこうHappyじゃんとかね、アルバム聴きながら泣きそうになっちゃったりするわけですよ。

ところで、
音楽はCosteがらみのもものばっかでやってくって言いませんでしたっけ?>けと
このアルバムにCosteは参加してませんけど?
プロデュースもしてませんけど?
え?Maxの紹介文を読め?
(以下、紹介文より抜粋)
1979-82 he was a member of KAIPA, once one of the most prominent symphonic rock-bands in Sweden.
Since then Max has been a vital part of numerous constellations within the jazz/rock field, for instance Coste Apetrea.....

あ、絡みましたね・・・はいはい。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/13(火) 00:41:37|
  2. musik
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。