rites of passage

bio musik bok

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

What's Eating Gilbert Grape

gilbert.jpgジョ、ジョニー・ディップ?レオナルド・ディカプリオ?
冗談にもほどがあります、コテコテのアメリカ俳優じゃないですか!しかも知名度高すぎ!
スウェーデンオンリーって言ったじゃないですか!
民主党ですか、あーた!
いやいやいやいや、ここだけの話、これスウェーデン映画ですよ。
知りませんでした?
役名も上からモニカ、ステファン、ラッセつぅ、典型的なスェ名ですし。
あ、こら!ググるのやめなさい!


まぁもちろん、スウェーデン映画てのはウソですが、
スウェーデン映画好きが観て楽しめる映画と言っていいでしょう。
あたしは冒頭の音楽を聴いただけで、スクリーンの色ががらりと変わりました。
あああ、何だ?この懐かしい感じはいったい何なんだ?
誰の音楽なんだろう?



クレジットを調べてみる・・・・・
え?アラン・パーカー?あ、もひとりいる・・・ビョルン・・・イスファ・・
ビョルン・イスファルト
謎がとけたぞ。
40年以上、あたしの中に宿り続けるスウェーデンの原点「純愛日記」でデビューを飾った音楽家、ビョルン・イスファルトの調べなのでありました。
彼を起用するだけあって、監督は同じくスウェーデン人のラッセ・ハルストレム(もう今やハリウッドが拠点ですけどね)
ジョニー・ディップもレオナルド・ディカプリオもビッグネームすぎちゃって、代表作もどれあげていいかわからないくらいいっぱいあるけど、彼らの凄まじいほどの演技力を語るのに、この作品ははずせないでしょう。
なにせ、どこから見てもスウェーデン人になりきってたしね(まだゆう)

死んだ母親を囲む四人の子供達のアングルの変化。
母親の棺と化し燃え盛る家・・・
これも何かとデジャプるぞ、タルコフスキーの遺作「サクリファイス」へのオマージュか?
撮影監督はスヴェン・ニクヴィスト・・・・・
紛れもなく、正真正銘、「サクリファイス」を撮影したその人でした。
これもまた納得です。

素晴らしい映画音楽を作り続けたビョルン・イスファルト。
もう過去の作品でしか、彼の音楽に出会えないと思うと、
よりいっそうメランコリックに響いてしまうのです・・・・

え?映画の内容?TSUTAYAさんで借りてよ(←おきまり)
スポンサーサイト
  1. 2012/06/05(火) 01:05:33|
  2. bio
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

Låt den rätte komma in

eri.jpgあえてですね、この画像を使わせていただきますわ。
ラストシーンのエリの顔アップです。
もうわたくし当分動けないくらい稲妻が駆け抜けました。
凄まじく残酷で美しい。
淡々と描かれるそれまでのストーリーは、この衝撃のラスト数分のための序曲だったのでしょう。
それはまるでなかなか本編がはじまらないプログレのよう(違)

まず最初に、TSUTAYAさん、ごめんなさい。
行くたびに拡張される韓流モノコーナーにうんざりし
「終わってるぜTSUTAYA」と暴言を吐いてたわたくしですが
「店頭にないもんはおとり寄せいたします」のコピーにひかれて久しぶりに立ち寄らせていただきました。
おや?新しい企画コーナーが・・・・
『本当におもしろい映画ベスト10』それが年代別に展示されておりましてですね、
90年代の第三位に、な、な、なんと「AnnaとOtto」がチョイスされてるではないですか!素晴らしい!
ええ、そうですよ、わたくし自分の感性が世の中の基準だと考える「何様族」ですから、それくらいのことでいとも簡単に寝返りうちます。
good job TSUTAYA♪
その調子でどんどんスウェーデンのいいブツ仕入れてねん。
ま、この映画はかなり話題になりましたから簡単に探せましたけどね。

あまり書きたくないんですけど、この映画の邦題は「ぼくのエリ、200歳の少女」
不気味ですね、「ぼくのけいと、52歳の処女」くらい不気味です。
ものすごい老婆フェチが間違って借りちゃったらどうするんですか?(←200%不要な心配)
英題の「Let the right one in」がわかりにくけりゃ、原作の「モールス」だってよかったんじゃないでしょうか?
現にモールス信号が重要な役割果たしてますしね。
それにね、それにね、それにね、ヴァンパイアって「入ってもいいよ」と言われないと部屋に入れないんですよ
その言い伝えと、自分というひとつの生き方を受け入れてもらいたいという意味上の韻
そんな重要なタイトル、むやみに変えちゃダメですよ
「Let me in」でもいいじゃないですか!邦題にすると「い・れ・て」(←映画のジャンルまで変わりますけど?)

エリがオスカーの家に来たとき、「入ってもいいって言って」とお願いするとこがなんとも愛らしかった。
それでもオスカーが言ってくれないので無理して入ると、頭や耳や目から血があふれ出てバイオレンスなことに・・
「わかったわかった、いいよ、入っていいよ」と抱きしめるオスカー
ふつー12歳の子なら、んなシーン目の当たりにしたら、「ぎゃあああああああああああああ、ママあああああ!」でしょ
この冷淡さが、みょうに怖い・・・・。

スウェーデン映画には、特有の「色」があります。
思わず自分の肩を抱いてしまう、体感できる冷たさの「色」です。
え?アメリカでリメイクされた?
観ませんよ。
もうわかりますもん、この透き通る冷ややかさ、アメリカ映画で出せてたまるかでございますわよ。
もちろん、偏見ですけどね。

最後にネタバレごめんで書いちゃいますけど。
この邦題の最大にダメじゃんなとこは「少女」
エリちゃん、女の子ちゃいますよ~
どうです?この中性さ。ますますアメリカ映画じゃ無理ですよ~
  1. 2011/10/31(月) 21:47:44|
  2. bio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Så Som I Himmelen

51VCJEYTXHL__SL500_AA300_.jpgスウェーデン最後の夜、Stefan Nilssonのピアノでgabriells sangを聴かなかったら、おそらくこの映画を観ることはなかっただろう。
だって邦題があまりにも(以下略)
世界的な音楽家が、田舎町でさえない合唱隊をいっぱしのコーラスグループに育てあげる。よくあるサクセスストーリーでしょ?って誰もが思ってしまうではないか。
スウェーデンの北の地で、寒さに身をかがめ災いが通り過ぎるのを待つばかりの人たちが、コーラスを通じて・・・いや、ここが凄いんだ。
コーラスではない、自分の声、すなわち自分独自の「音」を自覚し感じて楽しむことによって、「私の人生」をも模索し始める。
この展開が素晴らしく人間臭い。
これぞ北欧式rite of passageと言ってしまおう、ブログ第一弾だしな。

スウェーデンの文化(音楽、映画、本)には得体の知れない哲学のようなものが存在する。それがとてつもなくへっぽこなのだ。
この映画を観てスウェーデン人の5人に1人が泣いた?
すごい、4人は泣かなかったんだ(あ、5人に1人が観たってこと?)
あたしも泣かなかった。
余韻に浸らせてくれないのよね、それが気持ちいい
乾いた空気みたいでね

DVDは買わずにTsutayaさんで借りましょう、音がヒンソです。
音楽が素晴らしいのに、そりゃねーぜ、だしょ。
音はサントラで楽しみましょうか?Stefan Nilssonの音楽性の高さに震えてください。
  1. 2011/07/05(火) 00:12:53|
  2. bio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。